男性

気になる薄毛は事前に対策を!育毛剤を使って毎日ケアしよう

AGAは薬で治せる

困るメンズ

男性ホルモンとの関係

若い男性の薄毛に多いのがAGA(男性型脱毛症)です。AGAの原因はDHT(ジヒドロテストステロン)という物質であることが分かっています。DHTは薄毛の原因になるほか、前立腺肥大症を起こす元にもなり、悪玉男性ホルモンと呼ばれることもあります。DHTは男性ホルモンそのものではありません。男性ホルモンであるテストステロンが、5αリダクターゼという酵素と結びついてできる物質です。男性ホルモンを減らせば薄毛も予防できることになりますが、それでは筋力や精力まで低下してしまいます。AGA治療薬は5αリダクターゼの作用を阻害し、DHTの生成を妨げる効果があります。男性ホルモン自体を減らさず、薄毛の原因を取り除けるため人気があります。

1型と2型の違い

5αリダクターゼには1型と2型があります。このうちAGAの主な原因になるのは2型だと言われています。2型は特に頭頂部や前頭部に多く存在しています。男性型脱毛症は、頭の天辺や生え際から薄毛になっていくのが特徴です。最初に開発されたAGA治療薬は、2型の5αリダクターゼを抑える効果があります。ただしAGAの30%〜40%は、1型が原因という説もあります。1型は後頭部や側頭部のほか、脇毛や陰毛などにも存在します。こうした場所が薄毛になっている場合は、1型を抑える必要があります。新しく開発された治療薬には、2型だけでなく1型を抑える効果もあるとされています。治療薬を使い分けることで、薄毛の症状ごとに対策を講じることが可能になります。